睡眠薬 市販

市販の睡眠薬の効果と副作用が気になりませんか?

市販の睡眠薬でよく効く薬って何なのだろう…。?

 

このところ寝不足が続き睡眠薬を使ってみたいのだけど、
副作用が怖いし、
それに、医者で処方してもらうのも気が引ける。

 

そもそも、ハルシオンやマイスリーといった睡眠薬だと、
どうしても副作用が強く、長期的には安心して服用することができません。

 

長期服用すれば依存症になる可能性が高いですし、
筋弛緩作用も働くため服用時に注意が必要だからです。

 

ということで、

市販の睡眠薬の売上がグングン伸びているようですね。

 

実は私も市販の睡眠薬の購入者の一人なんですが…。

 

やはりといいますか、市販の睡眠薬で効果があるのなら、一度試して見たい。
という方が非常に増えています。

 

そこで、市販の睡眠薬について調べてみました。

 

商品名 製造販売元 ジフェンヒドラミン塩酸塩の1回あたりの成分量
ドリエル エスエス製薬 50mg
マイレストS サトウ製薬 50mg
ネオディ 大正製薬 50mg
グ・スリーP 第一三共ヘルスケア 50mg

 

 

このような市販されている睡眠薬のほとんどが、いわゆる睡眠改善薬と言われ
眠気を誘う成分を用いて眠りにつかせる仕組みで作られています。
本来は一時的な不眠改善というコンセプトだったのですが、
イメージ的には手軽に買える睡眠薬といった感じで取られていることが多いようですね。

 

見てお分かりのように、全てがジフェンヒドラミン塩酸塩という成分が使われ、
1回量あたり最大50mgと決められているのです。
ですから、実は、どの市販の睡眠薬を飲んでも効果は変わらない。とも言えるんですよね。

 

私は個人的にはドリエルが良く効くと思っていたのですが、気のせいだったのでしょうかね。

 

でも、そもそも、抗ヒスタミン剤が効かない人には全く効果が無いようです。
風邪薬にもよく入っているので、風邪薬を服用しても眠気を感じない人は、
市販の睡眠薬では安眠効果を得られる可能性は低いと言えるでしょう。

 

では、そういった方はどうしたら良いのでしょうか?

 

結論から言いますと、
睡眠薬ではなく、睡眠サプリメントを検討するという手段があります。

 

睡眠サプリメントには副作用や依存性の心配はありませんからね。

 

具体的には下記の睡眠サプリメントが口コミでは評判でした。

マインドガード
マインドガードDXは安眠するために欠かせないとされるセロトニンを豊富に含んでいるのが特徴で、さらには話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用した安心して続けられる休息サポートサプリメントです。

ドリンクタイプで味も飲みやすいと評判。
付属の計量カップで30ccを目安に飲めば朝までグッスリ眠れるようになりますよ。

 


価格 容量 評価
通常価格9,075円が25%OFFで

6,810円 送料・手数料無料

500ml ※ドリンクタイプ 睡眠薬,市販,不眠,睡眠障害

『北の大地の夢しずく』
10年以上も不眠・睡眠障害に悩んできた社員が自ら開発した快眠サポート飲料です。

・横になっても眠りにつくまで時間がかかる
・せっかく眠れても、長く続かない
そういった悩みに対して、アロマや入浴といった外からの刺激ではなく【体内に直接、快眠に導く休息成分を送り込む】という新発想のサポート飲料です。
薬とは違い依存性や起床後への持ち越しなど、 体への負荷となる副作用がなく、安心して続けられます。

 


価格 容量 評価
4,288円 

定期購入なら3,879円まで割引

30袋 ※約1ヶ月分 睡眠薬,市販,不眠,睡眠障害

スヤナイトα

今注目の加睡眠アミノ酸  「グリシンとトリプトファン」×西欧ハーブ配合を配合しているサプリメントです。
○今まで注目されなかったアミノ酸「グリシン」に注目!
グリシンは体内で作れるアミノ酸なので注目されなかった成分なのです。
○睡眠ホルモン「メラトニン」を生成するアミノ酸「トリプトファン」配合
実は、「睡眠ホルモン」と呼ばれている メラトニンを生成する上で必要なアミノ酸なのです。これら、2つのアミノ酸以外にもヨーロッパで有名なハーブも配合!!通称「眠りの草」!バレリアンエキスと入浴剤などに使用するリラックス成分、カモミールエキスも配合しています。

 


価格 容量 評価
5,980円 送料無料 

定期購入ならさらにお得

30カプセル ※約1ヶ月分 睡眠薬,市販,不眠,睡眠障害

 

 

私もすべて実際に購入してみたのですが、市販の睡眠薬に頼るより、睡眠サプリの方が安心かな?
という印象です。
そこで、実際に飲んでみた感想や、私が感じた効果などをレビュー形式でご紹介していくつもりです。

 

 

⇒睡眠サプリメントの成分などはこちらで確認できます。

 

 

薬局で買える睡眠導入薬

人間は眠らないと生きていけません。

それは眠ることによって、体の中の傷ついた細胞の修復や、
脳の中の記憶の整理などをしているからです。
眠っている間に無意識にメンテナンスをしているわけなのです。

 

ですから、睡眠はとても大切なのですが、満足に眠れず、
疲れがたまっている人も多いと思います。

 

不眠の中には、一過性の不眠というものがあります。
一過性の不眠の原因は、悩みや考え事、仕事や勉強が忙しいといったストレスの他にも、就寝直前までのパソコンやテレビ、騒音、過度の飲酒、カフェインの摂取、痛みやかゆみなどの身体疾患、気温の変化、昼寝のしすぎなどが考えられます。

 

睡眠時間が数日続いただけでは不眠症とはいいませんが、
眠れない不安や恐怖が長期的な不眠症を引き起こすことがあります。

 

まずはリラックスできる環境を作り、睡眠を促す食べ物や音楽、香り、ヨガなどを試すのが一番いいのですが、
それでも解決できない場合は、薬局で手に入る睡眠改善薬が役に立ちます。

 

薬局で買える睡眠改善薬は病院の薬と違って、処方箋は必要ありません。
薬局で買える睡眠改善薬とは、「抗ヒスタミン剤」の作用をうまく利用したものです。
抗ヒスタミン剤とは、風邪薬や鼻炎薬などに含まれているもので、服用すると軽い眠気が起こります。
強い副作用は起こりにくいものですが、継続して服用していると日中の急な眠気や、
頭痛などの症状が出る場合もあります。

 

薬の種類や副作用に関しては、薬局の薬剤師に相談するといいでしょう。

 

不眠で悩んでいる方の解決策には、薬局で売っている睡眠導入剤の利用も選択肢の一つです。

薬局で購入できる睡眠導入剤は、病院で処方される睡眠薬との違いは何でしょうか?

 

薬局で購入できる薬(OTC医薬品)の睡眠改善薬は、
一時的な不眠の症状(寝つきが悪い、眠りが浅い)の緩和なので、
症状が長期にわたり続く場合は、専門の医療機関を受診する必要があります。

 

OTC医薬品の睡眠導入剤は、2〜3日の服用にとどめ、長期連用は避けましょう。

 

病院で処方される薬とOTC医薬品は、薬の中身の作用が異なり、
OTC医薬品の方がゆるやかに作用するといわれています。

 

就寝後30分前くらいの服用が一般的です。服用後、およそ30分から1時間くらいで効果が現れます。
持続時間も個人差がありますが、およそ7時間前後です。

 

かぜ薬、抗ヒスタミン剤を含む内服薬(アレルギー用の薬、乗り物酔い薬など)との併用は、成分が重複するのでしないでください。
作用が強く出すぎてしまうなどの副作用が出る恐れがあります。
妊婦、妊娠していると思われる人、授乳中の人、15歳未満の小児、慢性的な不眠の人、
アルコールが体内に残っている人は、服用してはいけません。

 

また、緑内障の人、前立腺肥大の人、排尿困難の人、アレルギーの人、高齢者、
医療機関を受診している人は、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

睡眠導入剤を使用するときには、必ず説明書をよく読み、用法を守って正しく飲みましょう。

 

 

でも…。やっぱり副作用が気になる。
という人は、睡眠サプリメントの方が安心して使用できると思いますけどね。

 

 

キャンペーン中 ⇒
マインドガード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市販の睡眠薬をドラッグストアで探してみたら…。

市販の睡眠薬を近くの薬局で
上記で調べてみた市販睡眠薬以外でもたくさんの市販薬を見つけることが出来ました。
カナコSP、カローミン、スリーペイド、ドリーネン、ドリーミオ、ナイトール、ナイフル、ハイヤスミンA、ヨネール

 

でもすべて ジフェンヒドラミン塩酸塩が使われているのです…。
やっぱり市販の睡眠薬はどれもこの成分が使われているので効果も似たようなもの。
という結論になるのでしょうね…。

市販の睡眠薬にも飲み合わせはあるのでしょうか?

薬には副作用がつきものですが、中には飲み合わせにも気をつけないと行けないものも多くあります。
例えば、カルシウム拮抗薬とグレープジュースは一緒に飲んだらダメとかですね。

 

当然、睡眠薬とお酒はダメですが、(お酒は睡眠薬に限らずどんな薬でも一緒に飲んだらいけませんが…。)
こちらの『薬の飲み方・注意』に詳しく書いています。

 

では、グレープフルーツジュースはどうなんでしょうか?
気になったので調べてみました。

 

意外なことでしたが、
睡眠薬、市販の睡眠薬でもグレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分が薬の効きを良くしてしまい
頭痛や吐き気、めまいといった症状がでてしまうことがあるようです。
特に白色のグレープフルーツに多く含まれているそうなので注意が必要です。

 

ハルシオンを代表とする睡眠薬も、
ドリエルを代表とする市販の睡眠薬もどちらも飲み合わせ的にはまずいので、
服用者はグレープフルーツは控えめにした方が良いでしょう。

 

どうしてもグレープフルーツが大好き!
という方には、ここで紹介している睡眠サプリメントをお試しあれ。